FANDOM


レベルとは、能力者の能力の効果によって振り分けられる段階のこと。

能力者は「自分だけの現実(パーソナルリアリティ)」を観測することで、可能性として存在する、本来ならありえない現象を実現させる。また、これには演算能力が不可欠で、上位の能力者ほど演算能力は高い。つまり、順位的に言えば、一方通行は学園都市内の全ての学生より頭が良いということになる。


絶対能力者(レベル6)
いまだ存在しない。一方通行の「絶対能力進化(レベル6シフト)計画」が実行された時期もあったが、凍結。
超能力者(レベル5)
単独で軍隊と戦える程の力。現在は以下の7人のみ。
大能力者(レベル4)
軍隊において戦術的価値を得られる程の力。白井黒子海原光貴など。
強能力者(レベル3)
日常生活において活用可能で、便利と感じられる力。打ち止めなど。
異能力者(レベル2)
低能力者とほとんど変わらない程度の力。妹達の大半はここに該当する模様。
低能力者(レベル1)
スプーンを曲げる程度の、日常では役に立たない力。初春飾利など。
無能力者(レベル0)
測定不能や効果の薄い力。上条当麻土御門元春など。


超能力者(レベル5) 序列 編集

第1位 一方通行 「一方通行(アクセラレータ)」

第2位 垣根帝督 「未元物質(ダークマター)」

第3位 御坂美琴超電磁砲(レールガン)

第4位 麦野沈利 「原子崩し(メルトダウナー)」

第5位食蜂操祈 「心理掌握(メンタルアウト)」

第6位 未登場 不明

第7位 削板軍覇 名称不明