FANDOM


イギリス清教「必要悪の教会(ネセサリウス)」所属の魔術師。魔法名はFortis931(我が名が「最強」である理由をここに証明する)。2m以上の長身と、肩まで伸ばした赤い髪、右目の下のバーコード状の刺青などが特徴の少年。

14歳だが、長身とあいまって10代には見えないほど大人びており、「ニコチンとタールがない世界は地獄」と断言するヘビースモーカーで、禁煙である地下鉄車内でも噛みタバコを噛んでいた。香水臭い。一応神父の服装をしているが、その外見のため、地の文では「不良神父」と書かれることも。

炎の魔術を得意とし、敵を自動追尾する摂氏3000度の炎の巨人「魔女狩りの王(イノケンティウス)」や炎の剣「吸血殺しの紅十字」を使う。先述のタバコの火を利用することもある。また、14歳にして現存する24のルーン文字を全て解析し、新たな文字を6つ生み出すなどルーン魔術にも長け、「魔女狩りの王」もルーン魔術によって可能となっている。そのため、術の行使にはルーン文字を設置するという下準備が欠かせず、その特性上拠点防衛・攻略を得意とするが、奇襲や追跡は不得手。上条当麻には水性インクで書かれたルーン文字の弱点を突かれ、早々に敗北しているが、単身で数多の魔術結社を壊滅させた実力を持つ(敗北以降、ルーンを刻んだカードをラミネート加工することで、その弱点も克服)。反面、膨大な魔力を生成するための作業からスタミナの消費が早く、体術は苦手。治癒魔術は専門外だが、火傷などの炎関係の治療は出来る。

かつてのインデックスのパートナーで、当麻同様記憶の消去を防ごうと奔走した過去を持つ。得意とする炎の魔術は彼女を守るため習得したもので、「魔女狩りの王」が拠点防衛に特化しているのはこのため。また、インデックスの記憶が消される際に交わした約束を行動理念としており、彼女の「首輪」を破壊した当麻に感謝しつつも、嫉妬している。

土御門元春や当麻とは面識があるため、よく共闘するが、その際は当麻を盾にしてよく彼に反発され、結果的に共闘とは呼び難い戦い方をする。また、かつてのインデックスのようにタバコのことを注意する月詠小萌を苦手としているが、「使徒十字」の件では、彼女に協力してオリアナ=トムソンに襲われた姫神秋沙の治療を手伝っている。

窓のないビルでアレイスター=クロウリーと直接会見したり、イギリスにいるときは教皇・ローラ=スチュアートの傍で秘書のような仕事をこなすなど、「必要悪の教会」に置ける立場は不明。また、インデックスの件でローラに不信感を抱いているが、その後も彼女の部下のままでいる。